チタンサラレン触媒は、九州大学香月勗教授のグループによって開発された、不斉エポキシ化触媒です。
 この触媒は、反応性の高い共役オレフィンのみならず、反応性の低い非共役末端オレフィンのエポキシ化にも適用でき、高い化学収率と立体選択性を示します。さらに、内部と末端にオレフィンを有するジエンを基質としたエポキシ化では、末端オレフィンが選択的にエポキシ化されると共に、良好なエナンチオ選択性も示します。
 酸化剤として過酸化水素を用いるため、反応後の廃棄物が削減でき、環境に優しい酸化反応です。

詳しくはPDFファイルをご参照ください。


← Back