この度、弊社にて株式会社森永生科学研究所【モリナガFASPEK特定原材料測定キット】の販売を開始する事となりましたので、ご案内申し上げます。

 食物アレルギーを引き起こす食品素材のうち、症例数および重篤度から 7品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに) が特定原材料として表示が義務付けられています。
 モリナガFASPEK特定原材料測定キットは、特定原材料のうち、卵、乳、小麦、そば、落花生の総タンパク質含量を定量することができるエライザキットで、消費者庁次長通知「アレルギー物質を含む食品の検査方法について」(平成22年9月10日消食表第286号消費者庁次長通知)に示されたガイドラインに準拠した商品*です。
*牛乳測定キット(β-ラクトグロブリン)を除きます

<特長>
高回収率:森永生科学研究所で開発した界面活性剤と還元剤を含む抽出液**を用いることで、食品の加工度によらずタンパク質を高回収率で測定することができます。
高感度:特定原材料タンパク質として0.31μg/gから定量可能です。
高特異性:単一タンパク質あるいは部分精製の複合タンパク質に対するポリクローナル抗体を使用し、独自の技術で非特異的な反応を減らしているため、高い特異性を有しています。
高再現性:測定値の再現性が良く、キットのロット間差が安定しています。
短時間:反応時間は合計1時間40分です。(抽出操作を除く)

**Watanabe Y. et al.: Journal of Immunological Methods 2005; 300: 115 -123

詳しくは、株式会社森永生科学研究所ホームページ、または添付の資料をご参照ください。



http://www.miobs.com/index.html

← Back